天草産ヒノキの幸せ運ぶ寅 地元の通所施設で置物制作ピーク

 熊本県天草市楠浦町の知的障害者通所施設「かしの木学園」(福本健太郎理事長)で、来年の干支(えと)である寅(とら)の置物作りがピークを迎えている。年末までに2千個を制作し、地元の観光施設などで販売する。

 同学園では利用者のやりがいづくりとして、1993年から干支の置物作りに取り組んでいる。29回目の今年...

残り 223文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

BANKO会展

  • 2021年11月20日(土) 〜 2021年11月30日(火)
  • こっぽーっとギャラリー

PR