囲碁の天元戦、25日に久留米市で第3局 一力遼天元に関航太郎七段挑む

 囲碁の一力遼天元(24)に関航太郎七段(19)が挑戦する第47期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第3局が25日午前9時から、福岡県久留米市の「ホテルマリターレ創世 久留米」で打たれる。特別協賛は木下株式会社、協賛は日本製紙、QTnet。

 両者1勝1敗で迎え、どちらが先にタイトル獲得に王手をかけるか。第1局は、七大タイトル初挑戦の関七段が130手の短手数で中押し勝ち。第2局は、初防衛を目指す一力天元が難解な攻防を逆転で制した。両者とも今年は30勝以上を挙げるなど充実した成績を残しており、第3局も熱戦が期待される。

 立会人は坂口隆三・九段(73)。持ち時間は各3時間で、25日夕方に決着する見通し。対局の模様はニュースサイト西日本新聞meでも速報する。

関連記事

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR