「自分たちが自分たちのことを好き」それがHKT48 1期生座談会㊦

HKT48×西日本新聞me 10th記念インタビュー 1期生編(下)

 HKT48の活動10周年を記念した共同企画「HKT48×西日本新聞me 10th記念インタビュー」の1期生編、最終章はそれぞれのキャリアに悲喜こもごもの感情をもたらした「選抜総選挙」のテーマからスタートする。そして5人は「HKT48ってどんなグループ?」という問いについて言葉を絞り出す。(聞き手は古川泰裕)※取材は11月10日、熊沢世莉奈はスケジュールの都合によりアンケート参加、その文章を基に再構成しています

 ◆座談会の出席者(五十音順) 今田美奈(24)福岡県出身、チームKⅣ ▽熊沢世莉奈(24)福岡県出身、チームKⅣ ▽下野由貴(23)福岡県出身、チームKⅣ ▽松岡菜摘(25)福岡県出身、チームHキャプテン ▽村重杏奈(23)山口県出身、チームKⅣ ▽本村碧唯(24)福岡県出身、チームKⅣキャプテン

 -卒業しようと思うタイミング。

 松岡「本格的に考えるというよりは、嫌なことがあったときに『もうやめたい』とか思うことはけっこうある。初期の頃、あった?」

 今田「初期の頃はなかったかな」

 下野「大学進学の前に1回悩んだ」

 本村「私も高校を卒業する時、めっちゃ悩んだ」

 今田「高校卒業のタイミングは、メンバー全員考えるよ。高校3年生ってそれなりに大人だし」

...

残り 4076文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR