定額でデザインに関する相談に対応

 自治体向けの広告事業を手掛けるホープ(福岡市)は、新規事業「ジチタイデザイン相談室」を始めた。住民に伝わりやすいパンフレットやポスターの作り方について、同社のデザイナーが自治体担当者の相談に対応する。月額3万5000円。追加料金なしでデザインの制作も発注できる。現在は試験展開中で、今後ニーズを見極める。同社=092(716)1404。

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR