サツマイモで発電、EVも推進 焼酎かす、芋くず活用 霧島酒造、CO2実質ゼロへ 

 大手焼酎メーカーの霧島酒造(宮崎県都城市)は24日、自社の工場と事務所から出る二酸化炭素(CO2)量を2030年度までに実質ゼロにすると発表した。芋焼酎の製造過程で大量に発生する「焼酎かす」や「芋くず」を活用したバイオマス発電を強化し、自社利用も増やすほか、電気自動車(EV)の導入を進めるなどして...

残り 686文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

宮崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR