九電、川内原発の新たな緊急時対策棟を公開

 九州電力は24日、川内原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)で重大な事故が発生した際に指揮所が置かれる新たな「緊急時対策棟」を報道陣に公開した。施設はほぼ完成しており、原子力規制委員会による使用前検査も近く終わる見通しという。

 2011年の東京電力福島第1原発事故後に建設された現行の対策棟も新たな...

残り 348文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

鹿児島県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR