「平戸オランダ商館」開館10周年 現代アート登場、アジアと研究連携も

 平戸市大久保町の「平戸オランダ商館」は開館10周年を迎えた。現在は減少傾向の来館者を増やそうと展示物のリニューアルや屋外を含む現代アートイベントなどに取り組む。これまでの歩みを振り返り、今後を展望する。 (福田章)

 オランダ東インド会社(VOC)が1609年に設置した実際の平戸商館は、どこにも設...

残り 816文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR