九州豪雨から4年…長期避難12月全解除へ  福岡県が方針固める

 福岡県は2017年の九州豪雨で被災し、被災者生活再建支援法に基づき「長期避難世帯」に認定された同県朝倉市の6地区のうち、認定が継続されている2地区計27世帯を12月1日に解除する方針を固めた。他の4地区は既に解除されており、豪雨から4年を経て、市内全て解除となる。...

残り 137文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR