山から学んだもの【クリアキ・カリブー 栗秋正寿49】

 「自分の経験を話すだけで終わりなんですね……」

 2011年秋、冒険家・植村直己(うえむらなおみ)の母校である、兵庫県は豊岡市立府中(ふちゅう)小学校で講演した際に記者からそう言われた。この時の対象は高学年の児童だったが、幼児から高齢者まですべての世代の聴講者に対してぼくができることは、「自分の経...

残り 769文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR