『「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし』 京極夏彦著

 著者は妖怪について語らせれば当代きっての小説家。その過去の講演から9話を収録した。水木しげるの漫画が受け続けている訳は? 柳田國男の『遠野物語』に登場する河童(かっぱ)は何者? 小説の面白さも著者が語れば「無間地獄」に落ちる怖さをはらむ。「妖(あや)し」に魅入られてしまう講演集。

関連記事

PR

PR