【速報】「少人数、短時間」の会食制限撤廃 鹿児島県、新型コロナ会議

 鹿児島県は25日、新型コロナウイルスの対策本部会議を開き、政府の分科会がまとめた感染状況の新たな指標に基づき、従来の4段階の「ステージ」による警戒基準を、医療の逼迫度を重視した5段階(0~4)の「レベル」に移行した。現在はレベル0と判断し、県民に求めていた会食時の「少人数、短時間」の制限を撤廃した。

 新たな警戒基準では、レベル2以上の場合に、県が飲食店に営業時間短縮や酒類提供の自粛などを求めることができる。第三者認証店は、非認証店よりも制限内容が緩和される。

 今回のレベル0の判断に伴い、県職員の会食ルール「4人以下、2時間以内」も撤廃する。会食ルールは、県職員ら39人が参加した送別会が問題視され、今年4月に設けられた。

 また、行動制限の緩和が受けられる「ワクチン・検査パッケージ制度」の導入を決め、飲食店やイベント主催者に登録を呼びかける。近く登録方法を県ホームページで公表する。

 会議後の記者会見で塩田康一知事は「今夏の爆発的な感染拡大を忘れず、基本的な感染対策の徹底を心がけてほしい」と話した。

(片岡寛)

鹿児島県の天気予報

PR

開催中

バギーコンサート

  • 2021年11月28日(日)
  • 福岡市早良南地域交流センター ともてらす早良 チャイルドルーム

PR