「阪急帽の子」集う豚骨ラーメン店、逆転優勝信じ福岡からエール

 プロ野球日本シリーズで奮闘するオリックス・バファローズびいきの豚骨ラーメン店が福岡市にある。その店は「長浜御殿」。前身の阪急ブレーブスやオリックスの野球帽をかぶった子どもにラーメン120円のサービスを始めて、半世紀近く。創業者の上木政章さん(74)は選手たちとの絆を胸に「新型コロナウイルス禍で沈む社会に勇気をくれた」と今季の快進撃をたたえ、声援を送る。

 長浜御殿は1971年、福岡市中央区長浜でラーメンとギョーザの屋台として創業した。上木さんは営業職などを務めていた大手中華料理店から独立。売り上げがなかなか伸びない中、平和台球場へ遠征に来る阪急の選手たちが来店するようになった。宿舎は当時、屋台の近くにあった。...

残り 713文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR