正月に「人情味」届けます

 お正月の「北九州・京築版」の紙面作りに取りかかっている。新年の門出に、郷土の魅力がぎっしり詰まった新聞を届けようと、同僚記者と案を練っている。

 北九州の鉄道、歌、酒、工業地帯を支えた食堂-。過去の「新年号」のスクラップ記事を繰ると、知らない一面がまだまだあるのだと気づかされる。10年ほど前に門司に移住したイラストレーター...

残り 176文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR