北九州市、気になるコロナ増加傾向 市長「なぜ顕著なのか分からない」

 北九州市が25日に発表した本年度一般会計補正予算案は、新型コロナウイルスの再拡大に備えた医療体制の拡充が柱だ。全国で猛威を振るった第5波は収まったものの、今月に入り、市内の小学校や保育園でクラスター(感染者集団)が発生するなど感染者の増加が目立ちつつある。北橋健治市長は「第6波に備え、市民を守るための補強の予算だ」と力を込める。...

残り 671文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR