天元戦大盤解説に囲碁ファン70人 久留米市のホテル

 囲碁の第47期天元戦5番勝負(西日本新聞社主催)の第3局が打たれた25日、対局会場となった久留米市の「ホテルマリターレ創世久留米」で大盤解説会があり、囲碁ファン約70人が熱戦を見守った。

 一力遼天元(24)に関航太郎七段(19)が挑み、1勝1敗で迎えた大一番。会場では円田秀樹九段と安田明夏初段が...

残り 172文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR