西日本FHが九州リースをグループ化 低金利下で収益力拡大狙う

 西日本フィナンシャルホールディングス(FH、福岡市)は25日、九州リースサービス(同)株式の保有比率を2022年10月をめどに30%に引き上げ、損益の一部が決算に反映される持ち分法適用会社にすると発表した。脱炭素など取引先のニーズが多様化する中、融資とリースを組み合わせたサービスなど事業基盤の拡大につなげる狙い。...

残り 1503文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

緑のコンサート

  • 2021年12月3日(金)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR