知事、「反辺野古」の世論喚起 名護市長選まで2ヵ月 求心力回復へ設計変更「ノー」

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り、玉城(たまき)デニー知事が、防衛省の設計変更申請にノーを突き付けた。不承認は、公有水面埋立法の権限に沿って工事を止めることができる数少ない手段。知事を支える「オール沖縄」の弱体化が指摘される中、来年1月の名護市長選や来秋に予定される知事選...

残り 1834文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR