「最澄と天台宗のすべて」 九博で来年2月から 九州関連の文化財も

 天台宗の開祖・最澄(767~822)ゆかりの文化財を通して、伝教の歩みをたどる特別展「最澄と天台宗のすべて」が来年2月8日、福岡県太宰府市の九州国立博物館で始まる。没後1200年の大遠忌を記念した企画。

 天台宗総本山の比叡山延暦寺(大津市)を開き、仏教界の中心だった最澄と九州のつながりは深い。唐...

残り 439文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR