飯塚市“コロナ禍の買い物”支援拡大 隔離で残された家族、後遺症も

 新型コロナウイルスの感染「第6波」に備え、福岡県飯塚市は、自宅療養者とその家族に行う「買い物支援事業」の対象を広げた。陽性になった人がホテルや病院に隔離され、自宅に残された家族が子どもなど自分で買い物に行けない場合も新たに支援する。陰性が確認されて帰宅した後、後遺症で買い物に行けない場合も支援を続ける。買い物代金を含め利用は無償。...

残り 1317文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR