列車内に不審者…JRと福岡県警が対応訓練 乗客誘導方法など確認

 小田急線や京王線、九州新幹線の車内で、刺傷事件や放火事件が相次いでいることを受け、JR九州は25日、福岡市博多区の車両基地で実際の車両を使った県警との合同不審者対応訓練を実施した。

 約50人が参加。訓練は、JR鹿児島線竹下駅に停車中の車内で、巡回中の車掌がライターを点火させる不審者を発見し、声を掛けたところ刃物を振り回して暴れたことを想定。...

残り 182文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR