「成長と分配」実現へ“真の賃上げ税制”になるか 与党税調が始動

 自民党と公明党は26日、それぞれ税制調査会の総会を開き、2022年度の税制改正大綱の取りまとめに向けた議論を本格的に始めた。岸田文雄首相が就任してから初めての税制改正で、企業に給与引き上げを促す「賃上げ税制」の拡充が主な焦点となる。低金利下の住宅ローン減税の見直しや、新型コロナウイルス禍での固定資産税の特例措置延長も検討する。...

残り 1017文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR