健軍川と藻器堀川改修 都市部洪水、軽減計画策定へ 熊本市 

 熊本市は26日、緑川水系の健軍川と藻器堀(しょうけぼり)川の整備計画策定に向け、有識者の委員会(委員長・大本照憲熊本大特任教授)を開いた。都市部を流れ、たびたび浸水被害を引き起こしてきた2河川が「10年に1度」の洪水に対応できるよう2022年度の計画策定を目指す。

 両河川の流域は宅地が多く、住宅...

残り 322文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR