福岡大、24度目出場で初勝利へ 全国大学ラグビー、28日に初戦

 ラグビーの全国大学選手権に4大会ぶりに出場する福岡大(九州)は28日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われる初戦の2回戦で朝日大(東海・北陸・中国・四国)と対戦する。展開ラグビーを武器に、24度目の出場での初勝利を目指す。

 築城康監督は「ボールを動かすラグビーが全体に浸透している」と話すように、小柄なチームながら攻撃力が武器。ロック浜田(4年・熊本西)、SO久保田直(4年・東福岡)、FB細元(2年・高鍋)を軸に、コロナ禍でトーナメント方式に変更された今秋の九州学生リーグを制した。

 前回出場した全国選手権は初戦で朝日大に22-29で逆転負け。今回は外国人選手をいかに止めるかが鍵だ。主将のCTB梶本(4年・福岡西陵)は故障で出場が難しいが「誰が出ても同じプレーができる。自分の仕事を果たせば必ず勝てる」と自信を口にした。 (大窪正一)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR