食の安全、映像で訴え 吉田昭一郎

 元農相で弁護士の山田正彦さん(79)=長崎県出身=がドキュメンタリー映画の製作を通じて、多国籍企業の農業ビジネスと食の安全の問題を訴え続けている。

 環太平洋連携協定(TPP)締結を背景にした種子法廃止(2018年4月)、種苗法改正(21年4月)などの農政転換に対し「多国籍企業の農業参入を加速させ...

残り 864文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR