熊本への半導体大手進出で支援を要請 熊本知事が首相と面会

 熊本県の蒲島郁夫知事は26日、首相官邸で岸田文雄首相と面会し、世界的半導体大手の台湾積体電路製造(TSMC)の県内進出に向けた人材育成などについて支援を求めた。

 蒲島氏は「喫緊の課題」として、(1)TSMC進出に伴う人材確保や、進出先周辺の交通網などインフラの整備(2)流水型ダムの整備を含めた球磨川流域の治水対策...

残り 168文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR