南阿蘇鉄道がJR豊肥線へ乗り入れ 23年夏にも 整備費支援を熊本県に要請 

 2016年4月の熊本地震で被災し、一部区間で運休が続く熊本県の第三セクター・南阿蘇鉄道(南鉄、高森町)について、南鉄と沿線自治体、県でつくる再生協議会は、23年夏に予定する全線再開に合わせて、JR豊肥線への乗り入れが実現する見通しになったと明らかにした。今後は、乗り入れにかかる整備費をどう確保するかが焦点になる。...

残り 533文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR