ワクチン接種記録は同意なし照会可能に 政府、来月中旬から運用

 デジタル庁は26日、転入者の新型コロナウイルスワクチンの接種歴について、各市町村で本人の同意なしに転出元の自治体に照会ができるようにすると発表した。2回接種後に引っ越した人が、自ら転入先の自治体に申請しなくても3回目の接種券を受け取れるようになる。12月中旬から開始するという。

 現行では、本人が連絡しなければ転入先の自治体への接種情報を伝えることを認めておらず、3回目の接種券が届かないなどの問題が浮上。政府のデジタル臨時行政調査会(臨調)の構成員である福岡市の高島宗一郎市長が、本人が申請しなくても接種券を送ることができるよう早急な対応を岸田文雄首相に求めていた。

 発表を受け、高島氏は報道陣の取材に対し「岸田政権はスピード感を大事にしており、具体的な形で回答いただけたのはうれしい」と話した。 (塩入雄一郎)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

絨毯 キリム展 

  • 2022年1月13日(木) 〜 2022年1月17日(月)
  • 街角ギャラリーMIMOZA
開催中

現代版画2022

  • 2022年1月12日(水) 〜 2022年1月17日(月)
  • 福岡三越9階岩田屋三越美術画廊

PR