『小さい予言者』 浮穴みみ著

 開拓が進む幕末から明治の北海道を舞台にした『鳳凰(ほうおう)の船』(第7回歴史時代作家クラブ賞受賞)、『楡(にれ)の墓』に続く3部作の完結編。「小さい予言者」は戦争に躍らされた炭鉱の末路と残されたささやかな希望を、「ウタ・ヌプリ」は、...

残り 110文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR