舞台「彼女を笑う人がいても」 12月22日、福岡市民会館大ホール

 安保闘争をテーマに描く舞台「彼女を笑う人がいても」が12月22日、福岡市・天神の市民会館大ホールで上演される。主演は福岡県嘉麻市出身の俳優、瀬戸康史。現代と過去の二つの時代を通し、正義と真実を問う。

 2021年、仕事に行き詰まっていた新聞記者の伊知哉は、亡くなった祖父・吾郎もかつて新聞記者だった...

残り 376文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR