【★どうが★やさしい日本語】低(ひく)い  山(やま)でも、山(やま)に  登(のぼ)るときは  気(き)をつけましょう

あきは、やまに  のぼるのに  いい  季節きせつです。

新型しんがたコロナウイルス(COVID- 19)の  心配しんぱいが  すくないので、かける  ひとも  います。

九州きゅうしゅうには  ひくい  やまが  おおいですが、ひくい  やまでも  あぶないことが  あります。

福岡ふくおかけんに  ある、たかさ829メートルの  宝満山ほうまんざんは  やまを  のぼる  ひとに  人気にんきです。

この  やまに  く  みち、11がつ、70さいぐらいの  おんなの  ひとが  くなる  事故じこが  ありました。

いわから  ちてしまったようです。

やまに  のぼるのは  気持きもちが  いいですし景色けしきも  いいです。

でも、ひくい  やまでも  危険きけんは  いくつも  あります。

やまに  く  まえには、家族かぞくなどに、どうやって  

登山とざんぐちやまを  のぼはじめる  場所ばしょ)」まで  くか  つたえましょう。

どこをとおって  やまを  のぼって、りるかも  おしえて  おきましょう。

事故じこが  きたとき、警察けいさつや  消防しょうぼうの  ひとが  さがしやすくなります。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR