工藤会との決別こそ 【窓 編集局から】

 福岡地裁は8月、四つの市民襲撃事件で殺人罪などに問われた特定危険指定暴力団工藤会トップの野村悟被告に、死刑判決を言い渡しました。福岡県警が2014年9月に「工藤会壊滅作戦」を開始して約7年。ようやく一つの節目を迎えました。

 壊滅作戦で県警は次々と未解決事件に着手し、野村被告ら中枢幹部を軒並み摘発しました。...

残り 727文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR