かつて4000人の炭鉱の街、今は25人…「にあんちゃん」の舞台を歩く

 佐賀県唐津市肥前町の北部に位置し、仮屋湾を臨む大鶴地区には25人が暮らす。炭鉱が栄えていたころには映画館や小学校の分校、長屋が連なり、約4千人もの人が生活していた。戦争による燃料需要の増加により県内各地に次々と炭鉱が開坑し、1936年に杵島炭鉱大鶴鉱業所は本格始動した。今残るのは草むらに囲まれた坑口のみ...

残り 1124文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR