なぜ?マイナンバー普及率低い筑豊地区 交付率アップの鍵は…

 2016年から運用が始まったマイナンバー。商品券など独自の「特典」で普及を目指す自治体もあるが、高齢化が急速に進む福岡県筑豊地区では交付率は全国平均より低いままだ。

 マイナンバーカードは日本に居住する全ての人に割り当てられた12桁のマイナンバー(個人番号)と顔写真や名前などが記されたICカードで、身分証明書として使える。役所に行かなくてもオンラインでさまざまな行政手続きができることを目指しており、現在は確定申告などが可能。取得は任意となっている。...

残り 1233文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR