共産が衆院選総括 野党共闘に手応え、立民の「見直し論」けん制 国民は「独自路線評価された」

 共産党の志位和夫委員長は27日の中央委員会総会で、先の衆院選総括を報告。立憲民主党などと候補者の一本化をした野党共闘に関し「課題を残しつつも確かな成果を上げた」と評価した。立民と結んだ、共産が「限定的な閣外からの協力」をするとの政権枠組みの合意については「政治を変える道は共闘しかない。合意は国民へ...

残り 872文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR