「日本沈没」はSFか、暗示か

 SFといえば、火星人が襲来する「宇宙戦争」のような荒唐無稽さを想像しがちだが、小松左京原作となると趣が異なる。仮想と現代社会が重なり合い、妙にリアル▼放送中のテレビドラマ「日本沈没-希望のひと-」もそう。原作のムードを残しつつ、独自の「関東沈没」から始まる物語で視聴者を引き込む。「いつ起きてもおか...

残り 142文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR