「熊本城と両輪で文化発信に活用を」 水前寺成趣園350年 専門家が講演

 江戸時代に熊本藩主が整備した熊本市中央区の観光名所「水前寺成趣園(じょうじゅえん)」(通称・水前寺公園)の築庭350年に合わせた記念講演・シンポジウム「肥後細川文化の魅力に迫る」(実行委員会主催)が27日、同区の熊本城ホールであった。

 成趣園は、細川家の初代熊本藩主・忠利の「国府の御茶屋」として...

残り 246文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR