会長らの責任問う声 自民党佐賀県連などが衆院選総括

 自民党佐賀県連の総務会と市町村支部長などの合同会議が27日、佐賀市で開かれ、10月の衆院選の総括が行われた。前回に続き県内2小選挙区で全敗したことを受け、留守茂幸会長ら役員の責任を問う意見が出たが、対応を保留することになった。

 会議には約100人が出席。いずれも小選挙区で敗れて比例九州で復活当選した...

残り 212文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR