企業クラスター激減のからくり

 「新規感染者2万人超」「子どもの割合増加」。この夏の「第5波」の特徴は、実はまやかしだったのでは-。そう感じたのは、福岡市など都市部の保健所が、濃厚接触者や感染経路を調べる「積極的疫学調査」を大幅に縮小していたと知ったからだ。

 調査するのは病院や高齢者施設、保育園などで感染者が出たときだけ。例え...

残り 246文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR