マイノリティーの「実存」  一穂ミチ『スモールワールズ』

酒井信さん寄稿

 ボーイズラブの作家として知られる一穂ミチが記した「マイノリティー」の人々の内面を綴(つづ)った純文学色の強い短編集である。流産を繰り返す「不育症」を抱えたファッション・モデルや、暴行事件を引き起こして、甲子園行きを帳消しにした元高校球児、乳児の事故死で「虐待」のレッテルを貼られた祖...

残り 1598文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR