佐賀ゆかり画家の48点 唐津市で来月5日まで掲示 

 明治から昭和にかけ、佐賀の美術の発展に足跡を残した画家の作品を集めた「画家のまなざし」が唐津市新興町の市近代図書館美術ホールで開かれている。佐賀美術協会を創設した山口亮一、明治期の日本洋画壇に新風を吹き込んだ久米桂一郎ら16人の計48点を展示。12月5日まで。

 「日日是好日(ひびこれよきひ)」と...

残り 464文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR