藤井王位の封じ手展示 嬉野市「対局の雰囲気味わって」

 将棋の藤井聡太王位が初防衛を果たした「お~いお茶杯第62期王位戦」の第4局で使われた「封じ手」の用紙が、佐賀県嬉野市の「うれしの茶交流館チャオシル」に展示されている。

 封じ手は2日間にまたがる対局で公平を期すための決まり。棋士が初日の最後の一手を打たず用紙に記入して封筒に密封し、翌日はその一手から再開...

残り 132文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

佐賀県の天気予報

PR

PR