【眠り方改革のススメ 内村直尚】5 「眠れない」と嘆く前にすること

 若い頃はそれこそ「床に就くとバタンキューで気が付くと朝だった」-。こんな風によく眠れたのに、年を取って眠れない、眠りが浅くなった、という声をよく聞く。

 それは当然で、年齢とともに昼間の活動量が落ち、眠りを誘うホルモン「メラトニン」の分泌も減り、深く長い睡眠が必要でなくなるからだ。

 さらに加齢で体温変化の幅が減ってくることも関係している。...

残り 804文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR