半泥子の「福岡びいき」 個人蔵の茶碗や書画紹介 行橋市増田美術館

 「東の魯山人(ろさんじん)、西の半泥子(はんでいし)」と称された陶芸家、川喜田半泥子(1878~1963)が愛好家へ贈った茶碗(ちゃわん)や書画などから、半泥子と福岡・京築地域の人たちの親密な交流を紹介する企画展が、福岡県行橋市の市増田美術館で開かれている。

 財界人として三重で銀行頭取などを務めた半泥子は、50代で作陶にのめり込んだ。...

残り 591文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR