「豊前海一粒かき」水揚げ最盛期

 福岡県東部のブランドカキ「豊前海一粒かき」の水揚げが豊前市で最盛期を迎えている。付着したフジツボなどの貝を取り除くなどした上で、12月1日から、同市の水産振興施設「うみてらす豊前」やカキ漁師の直売所で販売する。来年1月7日には、うみてらす豊前の敷地内で浜焼き小屋をオープン。豊前海一粒かきをはじめ、魚介類が楽しめる。

 宇島漁港そばで直売する「碧海(あおみ)丸水産」(今智彦代表)では、3基のイカダで約4万枚の種貝を養殖。市内では一部地域でチヌが稚貝を食べる食害が出たものの、例年並みの水揚げを見込めるという。

 今代表は「少し小ぶりだが、これからの冷え込みで順調に成育するでしょう」と話している。大きさによって1キロ当たり700~1300円で販売。うみてらす豊前=0979(64)6717。

 (百合直巳)

福岡県の天気予報

PR

PR