「習近平氏1人でどう社会と向き合うか」興梠一郎氏が講演 西日本政経懇話会

 西日本政経懇話会11月例会が29日、福岡県久留米市であり、神田外語大の興梠(こうろぎ)一郎教授が「いま中国で何が起きているのか?~習近平体制の現状と課題」と題し講演した。

 興梠教授は大分県出身。九州大卒、カリフォルニア大バークリー校大学院修士課程修了で、現代中国論が専門。要旨は以下の通り。

 中国を理解するには、文化、歴史、制度に基づいて見なくてはいけない。私は資本主義と共産主義の...

残り 245文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR