SL模型を電子データ化 久留米高専、技術遺産保存へ3次元画像に

 久留米高専(福岡県久留米市)の渡辺悠太助教の研究グループが、高専所蔵の蒸気機関車(SL)の模型を電子データ化した。将来への継承が必要な産業・技術遺産を電子データで永久保存する取り組みの一環。パソコン画面上で全方向から見たり、内部構造を確認したりできる利点を生かし、教材として活用する。

 産業界で歴史的に重要な機械や装置は経年劣化が進み、交換部品の製造が終了するなど、保存が課題となっている。...

残り 508文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR