ワクチン3回目「大きな差異ない」4割が交互接種に、熊本県

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、熊本県は29日、12月から来年3月までに対象となる医療従事者や高齢者を中心とした約71万人のうち、約4割の約25万5千人が2回目までとは異なるワクチンを打つ「交互接種」となる見通しを明らかにした。

 県によると、この期間の対象者の9割以上が米ファイザー製...

残り 185文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR