感染指標見直し6段階で判断、行動制限の緩和も 長崎県 

 新型コロナウイルスの感染状況を示す指標について、長崎県は29日、新規感染者数などで判断していた従来の方法を改め、主に病床の逼迫(ひっぱく)具合などに応じて「レベル0~4」で判断し、対応の目安とすると発表した。政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の方針に基づいて改定した。レベル2については2段階に分...

残り 298文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR