九州防衛局長がオスプレイ配備必要性訴え 佐賀市でシンポ

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイ佐賀空港配備を考えるシンポジウムが28日、佐賀市天神のアバンセであった。防衛省九州防衛局の伊藤哲也局長が講演し、日本を取り巻く安全保障環境の変化を解説、オスプレイ配備の必要性を訴えた。

 オスプレイの配備に賛成する県民でつくる「オスプレイ誘致推進佐賀県民会議」が...

残り 283文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR