チャレンジ 石田純子

 文章を書くことが好きだった。知人から「紅皿」への投稿を勧められた。しかし、私が紅皿にチャレンジできる日は来ないと思っていた。爽やかな文書が書けないから。

 中学生の頃から摂食障害だった。体重を減らしたくて、食べ吐き、下剤の乱用が止まらなかった。アルコールにも頼った。何度も手首を切った。生きる気持ち...

残り 335文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR